クリニック案内

  1. HOME
  2. クリニック案内

クリニック案内

当院の特徴

01CT完備・超音波診断装置・低周波治療器

マルチスライスCT

院内にマルチスライスCTを完備しています。
CTとは、レントゲン撮影した情報をコンピュータ処理して、脳をはじめ全身の断面の画像を得る装置です。
さらにマルチスライスCTでは、画像データを3D処理して立体像を見ることも可能です。

次の病気がわかります
頭部

くも膜下出血、脳出血、脳腫瘍、脳梗塞、頭蓋骨骨折、眼窩吹き抜け骨折などの顔面骨の骨折 etc.

胸部

肺がん、気胸、胸水の貯留 肋骨などの骨折 etc.

腹部

胆石、尿路結石、肝腫瘍、膵腫瘍 etc.

超音波診断装置

次の病気がわかります
  • 頚動脈狭窄
  • 甲状腺腫瘍・甲状腺機能亢進症
  • X線写真ではわかりにくい骨折
  • 痛風発作 etc.

低周波治療器

次の病気に効果があります
  • 腰痛
  • 肩こり
  • 四十肩
  • 肩関節
  • 膝関節の痛み、etc.

02脳神経外科専門医による診療

脳卒中、頭痛、しびれ、脱力、認知症などの診察が専門分野です。
しかし、脳出血、脳梗塞などの脳血管障害の多くは、高血圧、糖尿病などの生活習慣病をもとに発症しますので、これらの病気の管理もおまかせ下さい。

03病診連携・診診連携の徹底

専門的な検査、治療、あるいは手術が必要なこともあります。このような時には、市内外の総合病院・大学病院と連携をとり、積極的に紹介いたします。

連携病院

  • 国立名古屋医療センター
  • 名古屋市立東部医療センター
  • 名古屋市立西部医療センター
  • 名古屋大学病院
  • 名古屋市立大学病院
  • 名古屋大第二日赤病院
  • 総合上飯田第一病院 など

その他、希望される医療機関へご紹介いたします。

04院内処方

当院では、患者さんの負担をできるだけ軽減するため、会計時にお薬をお渡しする『院内処方』を採用しています。
当院にないお薬が必要な場合やご希望があれば、院外処方せんをお出しします。
院外処方に比べて院内処方は、薬局で薬代の他に管理料や調剤料などがかかりませんので、一般的には数百円から数千円(3割負担の場合)負担は少なくなります。

クリニック概要

診療科目内科・外科・脳神経外科
院長加藤 康二郎
住所〒461-0025愛知県名古屋市東区徳川2-14-15パール徳川1階
電話番号052-937-1233
FAX番号052-937-1221

院内の様子